ママのために発信したい育児とお金の総合マガジン

我が子の血液型を知らないママが増える日本!出産時に血液型を調べない理由は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

「几帳面だねー。A型でしょ?」「私O型だから大雑把なんだー」

なんて会話は日本では日常茶飯事ですね。

日本人は血液型が大好きで、血液型で性格を判断したり今日の運勢を占ったりするほど血液型というものは日常に直結しています。

しかし、最近血液型を知らない子どもが増えていることはご存知でしょうか。

ご自身だけでなく、産んだママでさえ子どもの血液型を把握していないという人も。

 

なぜ最近の子どもたちは血液型を知らないのでしょうか?そして血液型を知らないと生活にどんな支障が出るのでしょう。

今回は子どもの血液型の重要性や調べ方についてまとめましたので、是非参考にしてください。

スポンサーリンク

自分の子どもの血液型を把握していますか?

 

最近は出生時に血液型を調べることがなくなった

昔は赤ちゃんを産んだときに産婦人科で血液型を調べてくれることが多くあり、メモ書きや口頭で「この子は●型だね」と教えてもらった人も多いはずです。

しかし近年では徐々に新生児の血液型を調べることは減っており、出生時に調べてくれる産婦人科は極わずかとなりました。

 

その理由は、「生まれたばかりの赤ちゃんは血液型がハッキリしていない」というところにあります。

血液型は、赤血球の表面側の「抗原」と呼ばれるものと、血清の中の「抗体」を調べることで確定させます。

しかし実際この「抗原」が完全に出来上がるのが約1歳前後「抗体」については体内で完全に出来上がるまで4年ほどかかると言われています。

まだ赤血球の抗原と抗体が安定しない赤ちゃんは、血液型を調べたところで正確なものを確定させることができないのです。

 

以上の理由から生まれたばかりの赤ちゃんに血液型の検査を行う産婦人科は減少しました。

 

血液型を調べるなら1歳以降に小児科へ

「どうしても子どもの血液型を知っておきたい!」という方は、1歳すぎぐらいを目安に小児科にお願いしに行くと血液型を調べてもらうことができます。

しかし、1歳ではまだ抗体ができていない状態ですので、確実性を求めるのであれば4歳から5歳以降が望ましいでしょう。

ちなみに現在の母子手帳に血液型を記入する項目はないので、産婦人科にお願いしてもほぼ断られます。

小児科でも進んで受け入れてくれるところは限られてしまいますので、まずは病院に相談です。

 

血液型を調べるだけの採血は保険適用外。子どもの負担も

子供の血液型を調べることは医療行為でもなく任意になりますので保険適用外になります。

予算は病院によってまちまちですが、数千円で済むところから高ければ数万円がかかってしまう場合も。

もしアレルギーなどの疑いで血液検査を行う際に一緒に調べてもらうことは可能(※病院によって異なる)ですが、わざわざ血液型のためだけに病院に足を運ぶことはあまりオススメされないことが大半だそうです。

 

また、血液型を調べるには採血が必要です。

予防接種でさえ痛くて怖くて泣き叫ぶ子どもにとって、採血用の太い注射針は恐怖の塊でしょう。

血液型を調べるだけで太い注射針を刺されて自分の血を抜かれることは幼い子どもにとって心身ともに想像以上の負担になります。

ですので、子どものことを考えて医療側ではあまり進められておりません。

 

スポンサーリンク

血液型を知らないと生活にどんな支障がある?

 

血液型は普段の生活で必要がない

では、血液型を知らないことは何か生活面で支障をきたすのでしょうか。

結論から申し上げると、血液型は普段の生活で全く必要のないもので、極端な話おおきなケガや病気等をしなければ一生知らないままでも問題ないものです。

あえていうならば、血液型占いができなかったり、友達との血液型の話題についていけないことになるでしょう。

(女の子だと思春期あたりになれば友達と占いや好きな人の相性などで血液型を判断材料にすることも多いですからね)

それ以外に日常生活で知らないと困るというものは全くもってないそうですよ。

 

輸血などのときは緊急事態でも必ず随時調べている

血液型がはっきりわからないといけないときは、やはり輸血のときです。

よくドラマや映画などで「この中にAB型の人はいませんか!?」「お父さんを助けるために僕の血を使ってください!」なんてシーンがありますが、実際の医療現場でそのようなことは一切行われておりません。

 

輸血が必要な際は、どれだけ緊急事態でも家族からの申告ではなく必ず血液型を検査し、それにあった血液を使います。

また、その場でとった鮮血を使うことはまずなく、厳しい検査に通って副作用の処置を済ませた血液しか利用しません。

ですので、「万が一大怪我をしたときのために・・・」という意味で血液型を調べるのであればあまり意味がないことになります。

もしかしたら今まで輸血や献血をおこなったことのない大人でも、実は違う血液型だったという可能性もありますね。

 

学校や幼稚園で血液型を記入する書類があるときは?

古い書類を利用している公立の学校や幼稚園では、子どものデータを記入する内容に血液型の項目が存在する可能性もあります。

その場合は「血液型不明」と書いても問題ありません。

もし「不明だと困るから調べて欲しい」と言われた場合、その理由を聞いてみましょう。おそらく答えられないはずです。

医学的観点からは知る必要もないですし、学校に伝える必要もないようです。

どうしても気になるようであれば調べることも1つですが、金銭面と子どもの精神的な面で負担がかかることを理解しておきましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ:血液型を知らない=健康に生きてきた証

子どもの血液型は、何か大きなケガや病気で輸血が必要になったときに必ず知ることになります。

また、アレルギー症状などがひどくアレルギー検査をする際についでに血液型もチェックする場合も。

普段の生活では血液型を知る必要性がないので、あえて調べなくても全く問題ありません。

むしろ考え方として、血液型を知らない=調べる必要がないほど健康に生きた証というものではないでしょうか。

そう思うと、必ずしも血液型を知らないことがかわいそうとか不幸ではないですね。

将来子どもが大きくなり、自分自身で知りたいと思ったタイミングで調べてあげることが望ましいと私は考えます。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママズマネー , 2019 All Rights Reserved.