ママのために発信したい育児とお金の総合マガジン

幼稚園と保育園のいいとこ取りをした「認定こども園」とは?共働きでも幼児教育を受けさせたい!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

未就学児を預ける先として最近注目を集めている施設が「認定こども園」

保育園のように長期休み含めて預けることができる上に、幼児教育を受けることができるという、保育園と幼稚園の両方の特徴を兼ね揃えた新しい施設です。

2006年から創設され、様々な改善を繰り返し、徐々にではありますが全国的に認定こども園施設が増えてきました。

 

もともと全く異なる保育園と幼稚園。

この2つの施設が一緒になることで、どのようなメリット・デメリットを生み出すのでしょうか。

今回は、現在ニーズが増えつつある「認定こども園」について解説したいと思います。

スポンサーリンク

認定こども園を知る前に。保育園と幼稚園は何が違うの?

幼稚園は教育するところ、保育園は保育するところ

まず認定こども園を知るために、「幼稚園」と「保育園」の違いを知りましょう。

どちらも未就学児が通う施設ではありますが、同じようで実は全く違う施設になります。

 

幼稚園は小学校と同じ文部科学省の管轄です。ですので、位置づけ的には「学校」と同じ扱いにるのですね。

幼稚園によって勉強なりスポーツなり方針は異なりますが、文部科学省から決められた幼児教育のカリキュラム(教育課程)が存在します。

通う年齢も3歳(年少)から5歳(年長)、夏休みや冬休みといった長期休暇があることも特徴的です。

 

反して保育園は、「親が就労や介護などで保育できないときに預ける」施設で、管轄は厚生労働省となります。

位置づけとしては、子どもを保育する福祉施設になりますね。

保育園によって異なりますが、基本的には0歳から預けることができ、一番早いところであれば生後58日から保育をお願いできる施設も。

夏休みや冬休みなどが基本的になく、朝から夕方までカレンダー通りで保育を行っているところが大半です。

保育園独自で勉強や運動に力を入れているところはありますが、基本的には自由で教育面については保育園の裁量に任していることが多くあります。

 

先生の保有資格も異なる

幼稚園と保育園の違いは、働く先生も異なります。

幼稚園は、幼稚園教諭を持つ方が先生であり、保育園の先生は保育士資格を持っています。

幼稚園教諭は、基本的に学校の先生と同じですので、文部省から指定を受けた大学(短大含む)や専門学校を卒業した方が取れる資格で、独学で新たに取得することは不可です。

反して保育士資格は、子育て中のママでも短大や専門学校を卒業した方以上であれば独学で勉強し、保育士試験に合格すれば取得可能の資格になります。

 

他にもこんなにある幼稚園と保育園の違い

預かる時間や先生だけの違いではありません。

申込み方や入園基準も全くもって異なり、給食の有無なども大きく変わる2つの施設。

 

保育園に入園希望の際は、お住まいの役所での手続きになりますが、幼稚園は希望の園に直接申し込みを行います。

就労や介護、通園など「保育できない」理由がないと保育園に入園することができませんが、専業主婦の家庭でも入園できる施設が幼稚園。

認可の保育園では衛生上の理由から給食は必須ですが、幼稚園の給食は任意ですので施設ごとに異なることも特徴的です。

 

これから説明する認定こども園は、この異なる2つの施設のいいところを取り上げた新しい施設ということですね。

スポンサーリンク

幼稚園と保育園の2つの良さがある認定こども園とは?

就労する親に変わって保育を受けながら幼児教育を学ぶことができる

幼稚園の良さもあり、保育園のように保育をしてもらえる・・・簡単に言えばこのような施設が「認定こども園」です。

認定こども園の管轄は、文部科学省でも厚生労働省でもなく、「内閣府」になります。

認定こども園ができた背景として、働くママが増えたことによる待機児童の増加。反して少子化による幼稚園の園児減少という反比例の図式が存在します。

このアンバランスな互いの大きな問題をどうにか解決できないかと創設できた施設が「認定こども園」。

しかし実際には異なる施設を共存させることは想像以上に難しく、今でも課題が残りますが政府や各自治体の大きな取り組みの中、少しづつ改善に向かい今後の子育て世代に期待される施設となりつつあります。

 

認定こども園には4つの種類が存在する

少しずつ需要が広がる認定こども園ですが、実は同じ施設でも4つのタイプに分けられます。

 

幼保連携型こども園 文部科学省と厚生労働省の双方の認定を受けたこども園で、現在あるこども園の多くが幼保連携型で運営している。

原則的に保育士資格と幼稚園教諭の資格がないと働くことができない。(※2019年までは特例措置でどちらかの資格でもOK)

位置づけは学校かつ児童保育施設になる

幼稚園型こども園 現在ある幼稚園に、延長保育の実施や長期休暇の預かり保育、給食の実施などを行い、幼稚園に保育機能を付属しており、徐々に増えているタイプ。

基本的に幼稚園教諭の資格のみで働けるが、3歳未満を担当することはできない。(両方あることが望ましい)

位置づけは学校+保育所機能

保育園型こども園 もともと保育園だった施設に幼稚園の教育カリキュラムを導入し、幼稚園機能を付属した施設。

保育士資格のみでも働くことができる。しかし現在待機児童が多いので4つのタイプの中では一番数が少ない。

位置づけは児童保育施設+学校的機能

地方裁量型こども園 主に無認可保育園など認可が下りていない施設で、各自治体の規定によりこども園として運営する施設。

各自治体により規定水準が異なり、主に待機児童解消のためにできた施設のことを指す。

位置づけは保育園+幼稚園のイメージ

現在あるほとんどのこども園が幼保連携型であり、実際にはこども園という認定を受けていなくても幼稚園独自で延長保育を行ったり、保育園で幼児教育のカリキュラムを取り入れたりいている場合が多くあります。

 

認定こども園のメリットとデメリット

メリットはなんといっても子どもに幼児教育を受けさせながら、ママもキャリアを諦めないで働けることでしょう。

小学校では、幼稚園で受けた教育を基盤に学校カリキュラムが組まれています。

やはり「保育園上がりの子は勉強に遅れている」というイメージは現代でも少なからず残っておりますので、文部科学省に決められた一定水準の教育を受けられることは最大のメリットでしょう。

(しかし最近では保育園も独自で勉強を取り入れていますので、必ずしも保育園の子が遅れてるとは言えません)

また、幼稚園では基本的に3年保育になりますが、認定こども園に入園することで、もっと小さい子どもたち(3歳未満)と触れ合えるチャンスが現れます。

幼稚園に預けながらパートで働くママは夏休みなどの長期休みの間は仕事を諦めなくてはいけないことが出てきますが、長期休みの間も保育を行ってくれますので、パートのシフトを一時的にお休みするということをしなくても良さそうですね。

 

また、反対にデメリットですが、認定こども園も保育園の一種ですので、保育料が家庭の収入に応じてラダー制にあがってしまいます

私立保育園では独自で指定した月額料金で頭打ちになりますが、保育園は収入が上がるにつれて保育料も増加。

収入によっては幼稚園よりも保育料が下回ることもありますので、料金に関しては一概にデメリットとも言えないでしょう。

 

また、今まで保育園ではかかっていなかった教材費や体育着など教育に関わる費用が別途発生する可能性もあります。

幼稚園機能があるので、保育園よりも親の出る幕が多くなることもありますので、希望のこども園があった際は十分に確認したいところですね。

スポンサーリンク

まとめ

少しずつニーズが増えている認定こども園ですが、働く方々の資格問題などもあって需要と供給が足並み揃う時間はまだかかりそうです。

今現在筆者が住んでいる地域にも現在認定こども園は設立されていません。

認定こども園が始まった当初は、「現場の難しさを何も知らない政府が見切り発車で始めた」という意見も多くありましたが、発生する問題を1つずつ解決し、徐々に福祉サービスとして自立しつつあります。

女性の活躍を推進する社会だからこそ、今後の施設拡大に期待したいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママズマネー , 2019 All Rights Reserved.