ママのために発信したい育児とお金の総合マガジン

フリーランスでも保育園に入園させたい!提出する資料を確認して保育園デビューへ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

保育園=働くママという世間のイメージがありますが、「働くママ=正社員」というわけではありません。

もちろん保育園を利用しているママのほとんどが正社員もしくは外でフルタイムで働いている方が多数ですが、中にはパートで短時間働くママや自営業のママだって多数いらっしゃいます。

最近、家で子育てをしながら収入を得る「フリーランス」という働き方が注目されており、様々な事業でどうにか少しでも家計の足しに・・・と頑張るママが増えました。

しかし仕事が軌道に乗れば乗るほど、幼い子を見ながらの仕事は想像以上につらくしんどいものです。

そんな時に考えたい「保育園入園」

フリーランスママが保育園入園を目指すにはどのような方法から進めていけばいいのでしょうか。

今回は仕事と育児を自宅で頑張っているママに「フリーランスでも保育園に預ける手順」について説明しようと思います。

合わせてこちらもお読みください
パートのママでも保育園に入園できる?パート先を探しながら保育園入園を目指したい 

スポンサーリンク

!!注意!!
当ページでは「フリーランスのなり方」や「確定申告」などについての説明は行っておりません。
悪魔でも「自営業で保育園に入園する方法」を中心に説明を行っております。
なお、当ページの方法を行ったとしても保育園に必ずしも入園できるかどうかは保証できかねますのでご了承ください)

 

求職中ならフリーランスの方が保育園に有利!

求職中ママが保育園を利用しにくい理由

日本の保育園事情は少しおかしく、仕事をしているママが利用することが前提です。

待機児童が多い地域だと、妊娠前や出産後に退職したママが「保育園に預けながら仕事を探す」ということは無理難題に近い状態・・・

企業「保育園が決まってないなら雇えません」保育園「仕事をしていないから預けられません」という悪循環が発生しているのですね。

 

では何故求職中だと保育園に入れないのでしょうか?

 

保育園に入るにはどの地域でも「優先順位」があり、フルタイムで外勤しているママが最高ランク~求職中ママは最低ランクとされています。

ランクが上の人ほど入りやすく、全てのランクの人たちが入れて更に空きがあれば求職中ママでも利用できる・・・という日本の保育園事情。

しかし現在は共働き家庭が多く保育園の利用率も年々増加しているので、なかなか上手く空きが出ることはありません。

年少と呼ばれる3歳クラス以降になると保育園側の受け入れ人数が増えるので可能性はあがりますが、0歳~2歳クラスはで求職中で保育園に入園することは、ほぼ壊滅的に近い状態でしょう。

 

思い切って開業!フリーランスの方が保育園入園には有利

求職中で保育園を探すのであれば、思い切って開業をしてフリーランスデビューしたほうが「保育園入園」という意味では可能性が上がります。

在宅自営業は、外勤フルタイムのランクよりは少し下がりますが、求職中に比べればはるかに高くなります。

 

しかしいきなり「開業」というと敷居が高く感じますね。

 

「開業」は税務署に「開業届」という薄っぺらい紙を提出するだけで完了します。

もちろん「どのような事業で収入を得るか」などの計画は大切です。

クラウドサービスを利用してライティングを行うのか、自分でホームページを開くのか、ネットオークションなどで上手に利益を得るのか・・・

ある程度「こんな事業で少しでも継続的に収益を得られる見込みがある」のであれば、開業届を提出しても問題ありません。

これからパートなどを探しながら保育園も探すというのであれば、クラウドワークスランサーズなどのサービスなどで少しでも実績を作って開業届を提出し、個人事業主になったほうが保育園入園を目指す上で有利になるでしょう。

 

スポンサーリンク

フリーランスママが保育園入園のために揃えるべき書類

公的書類だけでなく実績がわかる書類を作ろう

保育園入園にあたっては基本的にお住まいの役所で指定された書類を提出します。

この提出書類で「自分はどんなところで働いている・こんな理由があるので子どもの保育ができない」という証明を行うのです。

外で企業に雇われていたり、働き先が決まっているママであれば「ここで働いている(または内定している)ことを証明する書類=就労(内定)証明書を書いてもらうだけでいいのですが、自営業ママはそれだけでは待機児童が叫ばれる日本の保育園事情に太刀打ちできません。

公的書類は最低限であり、それに踏まえて「在宅でこんなに働いているから保育が欠けるんです」という追加書類を作成することで保育園入園率がグッと上がります。

 

同時に同封したい書類

開業届のコピー

「本当に自営業を行っているんです!」という証明になります。開業届がないと結局は自己申告とみなされランクが下がってしまう場合があります。

確定申告書の写し

確定申告書の写しは既にフリーランスとして活動しており、過去に1回でもご自身で確定申告を行った方は収入証明になるので是非合わせてコピーを提出しましょう。

収入の振込がわかる書類

「自営業=何かしらどこからか報酬の振込がある」ということになりますね。

これからフリーランスを始められて、まだ確定申告の時期を迎えていない方は「報酬の振込」がわかるもので収入を証明しましょう。

例えばクラウドサービスであれば「確定報酬画面」等がありますので、このページをコピーして同封してもいいかもしれません。また、個人でクライアントさんと契約がある方は振込された通帳のコピーや支払通知書などを発行してもらうなど工夫しましょう。

独自で作ったスケジュール表

最近ではシフト制のパパやママの仕事をするご家庭も増えたので、1週間のスケジュール表を公的書類とする自治体も増えました。

しかしそのようなスケジュール表がない自治体では、独自で作成し「一日どれくらい働いている」という勤務表を作成しましょう。

注意点としては収入が少ないのに異常なほどのスケジュールを記入して申請しないことです。(虚偽が疑われます)

また、不定期に外勤や打ち合わせなどがある場合はその旨も記載したほうがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

どうしても保育園に入れない場合は無認可も視野に

無認可園なら求職中やフリーランスでも入りやすい

フリーランスになるということは、会社員よりも手間がかかりますしある程度の知識や計画性も必要です。

そこまであれこれ頑張っても「自営業は不利」と言われる保育園事情。

結局保育園に入園できるかできないかは「ランク」と「ポイント制」になります。

どうしても保育園入園に自信がない場合や、フリーランスとして駆け出したばかりの場合は無認可保育園や認証保育園も視野に入れて行動しましょう。

費用は高くなってしまう場合がありますが、役所を通さないで保育園との直接契約になるため認可園よりは可能性が上がります。

また、認証保育園や無認可保育園に預けると、翌年の保育園ランクがアップするので、いずれ認可園を目指すのであれば一時的に無認可保育園を利用することも視野にいれましょう。

合わせてこちらもどうぞ
認証保育園は認可園よりも劣る?実際に認証保育園に通ってわかったこと

 

スポンサーリンク

まとめ

フリーランスという働き方は、お堅いお役所様にはまだ認知度が低く、「家で仕事をしているなら子ども見ながらできるよね?」と言われるような働き方です。

しかし、実際は家で泣きじゃくる子どもを見ながら仕事を行うことはママの体にムチを打っていることにもなります。

考え方次第では、仕事でなかなか一緒に遊んであげれなかったり外に連れて行ってあげる時間が減るぐらいであれば、保育園でお友達と一緒においしい給食を食べたり広い公園で思う存分走り回るほうが子どもにとってもプラスになるという思考もできますね。

外で働くママも在宅でフリーで働くママも「仕事と育児家事の両立」という面では同じです。

早くこの事実が世間に通って誰でも保育園を利用できる世の中になってほしいものですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママズマネー , 2019 All Rights Reserved.