ママのために発信したい育児とお金の総合マガジン

貯金1000万円は誰でも達成できる?モチベーションを維持して貯金体質に

 
この記事を書いている人 - WRITER -

貯金1000万円と聞くと、ハードルも高く達成することが難しいイメージがあります。

しかしやり方や考え方次第で貯金1000万円は比較的誰でも達成できる金額であり、子育てをするママにとって是非とも目標にしてほしい数字です。

しかしただやみくもに食費を削ったり安いスーパーを回っているだけではなかなか厳しいことが現実。

様々な節約や生活の工夫が合い重なって初めて1000万円という数字を目にすることでしょう。

今回は貯金1000万円に向けて今すぐ始めることができる貯金術などを紹介します。

 

スポンサーリンク

1000万円を貯める前に目標を決めよう

何年後に1000万円を貯めたいか逆算しよう

平均的なお給料をもらっている家庭で、「1年後までに1000万円!」なんて目標を立てても、運良く投資で大成功でもしない限りほぼ不可能です。

まずは何年後までに1000万円を貯めたいかシミュレーションを行いましょう。

 

もし3年後であれば1年間で334万円貯めれば達成できますが、毎月28万円の貯金が必要になります。

この金額も現実的ではないですね。

5年後であれば年間200万円です毎月17万円、または毎月10万円+ボーナス時に40万×2回でも達成できます。

夫婦ともに共働きで質素な生活をしていれば達成できない数字ではないかもしれません。

10年後であれば年間100万円毎月8.5万円を貯金すれば10年後に1000万円は達成できます。

ママが扶養内ギリギリで働いて、全額貯金に回せれば可能な数字です。

 

何も考えず「今日から1000万円の貯金を目指す!」と考えても金額が高すぎてなかなかピンッとこないでしょう。

まずは、「子どもが大学生までに1000万円」「5年後にマイホームを目標に1000万円」など具体的な期間を決め、年間と毎月いくら貯めたらいいか逆算しましょう。

 

1000万円あれば何ができる?

きっとこのページに辿りついた方は、ネットの検索などで「1000万 貯金」などを調べてたどり着いた方々でしょう。

そうでなくても、きっとタイトルの「貯金1000万円」というワードがひっかかりクリックされたのではないかと思います。

 

ではなぜ1000万円なのでしょうか?

1000万円あれば何ができるのでしょうか。

 

子どもの私立高校の教育費は3年間で約300万円と言われています。私立の文系大学であれば4年間で約500万円が平均的な学費です。

1000万円あれば平均的な私立高校と大学の費用1人分はまかなえる計算になりますね。

 

マイホームを購入するにも頭金で1000万円あれば今後のローンの負担は軽くなりますし、年収が足りなくて手の届かなかった物件も射的圏内にできる可能性もあります。

 

もし明日リストラされて家族が路頭に迷ってしまっても、生活費25万円で3年と3ヶ月は1000万円を切り崩して生活ができます。

 

1000万円あれば出来ることも生活の安心感も増えます。

お金が全てではありませんが、やはりお金はあるとあるだけ安心です。

1000万円という数字は、苦労の塊でもありますが実際大きな力を発揮してくれます。

まずは何ができるのか、この金額で何がしたいのかハッキリとした目的を洗い出しましょう。

 

スポンサーリンク

実際に1000万円に向けて行動しよう

まずは無駄を見つけて毎月5万円を目標に

今まで貯金と無縁だった人にとって「1000万円」という数字は、途方に暮れてしまう金額かと思います。

千里の道も1歩からということわざのように、まずは月5万円で年間60万円を目標にしましょう。

毎月5万円を貯金すれば16年と6ヶ月で1000万円になります。

 

生活の中に何か無駄はないですか?親のエゴだけで習わせている子どもの習い事はないですか?

今日の夕飯は冷蔵庫の中にあるものだけでなんとかできませんか?

今、誰もいない部屋で電気がついていたりエアコンが動いていたりしていないですか?

 

人は気付いていないだけで意外と身の回りに無駄が多いものです。

食費から5万円を削ることは正直現実的ではありません。

食費から1万円、スマホ代から2000円、光熱費から2000円、医療保険の見直しなどで2000円、塾をインターネット塾に切り替えて5000円・・・

など小さな積み重ねで数万円を浮かせることは可能ではないでしょうか。

貯金を始めるなら、まずは生活の見直しが最重要であり、一番取り組みやすい方法です。

身の回りに無駄がないか、今一度確認してみましょう。

 

副業やお小遣い稼ぎを始めてみよう

「今すでに精一杯働いてるから副業する時間がない」なんて方も中にはいらっしゃるでしょう。

また、働きに出たいけど子どもが小さくてなかなか外で働くことができないというママも多いはず。

しかし、現時点で収入ギリギリで生活しており無駄も全て省いている方にとって貯金をする方法は収入を増やすほかありません。

 

会社の規則で外で副業が禁止されている方は、家でできる副収入を考えてみましょう。

現在はネット社会を利用して副業ができるクラウドサービスが充実しています。

クラウドワークスランサーズといったサイトに登録し、情報を集めるだけでも今後に大きな影響となるでしょう。

また、アンケートサイトなどに登録して通勤時間などの隙間にアンケートを答えるだけでも違います。

アンケートは1問2~3円の場合が多いですが、10問答えたら20円。1年間で7,300円という金額です。

「たった毎月数百円のためにめんどくさいことを・・・」と思うのであればしなくてもかまいませんが、しなければ0円のまま。

「1円をバカにするものは1円に泣く」という言葉のとおり、「たったそれだけ」で行動しない方は1000万円は難しいでしょう。

 

運用を始めてお金を増やす

貯まった銀行にお金を入れておくことは「安心」ですが、増えることはありません。

今日本では空前の投資ブーム。

低資金からコツコツと積立ができる積立投資少額から外貨預金のように行える積立FXなど多くの金融商品があります。

もちろん元本割れのリスクはありますが、リスクを恐れていては1000万円への道はどんどん遠くになるでしょう。

 

例えば毎月2万円ずつ定期的に積み立てて、銀行に預けたとします。

年間24万円になりますので、1000万円に達成できる期間は41年6ヶ月がかかる計算です。

もし、2万円を年間3%の利回りで運用し、利息分をさらに運用(複利)した場合、27年で達成できます。(税考慮なし)

これを複利運用といい、長期的に投資する方には是非おすすめしたい運用方法です。

株や為替であれば将来の経済状況に左右されるリスクもありますが、資金やリスクをしっかりと管理できるのであれば大きなリターンも期待できますので、検討してみましょう。

 

関連記事
ママでもできる株式投資方法を紹介!リスクを減らして資産運用

スポンサーリンク

1000万円は長期戦!たまには自分を甘やかす時間も大切

1000万円の貯金は日々のコツコツ積立が結果となります。

何年、何十年という長期戦になるのでずっと気張っていては疲れてしまい諦める原因に。

節約して貯金に励むことも大切ですが、たまには自分を甘やかす時間も作ってあげてください。

絶対に譲れない自分へのご褒美、お弁当は毎日でなくても週1回はランチを楽しむ、

家族で行きたい年1回の旅行、友達との付き合い・・・

1回予算オーバーしただけで道は途絶えることはありません。

長い長い道のりを歩き続けるには、たまには寄り道も必要ですし息抜きも糧となります。

しかし行動と意識付けだけは忘れないで、将来の大きな目標を達成しましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママズマネー , 2019 All Rights Reserved.