ママのために発信したい育児とお金の総合マガジン

話題のスマホQRコード決済まとめ!使いやすいペイはどの会社?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年10月から消費税増税にあたり、キャッシュレス決済のポイント還元が注目されています。

キャッシュレス決済とは、現金を使わずカードやスマホなどを利用しお買い物の会計を済ませる決済方式で、今後私たちの生活になくてはならない存在となるでしょう。

 

そんな中、さらなる需要が伸びて数々の民間企業が乗り出しているQRコード決済。

スマホアプリを経由して、レジでスマホ画面を見せるだけで簡単にお買い物ができるという新しいサービスです。

しかし、ここ最近続々と参戦企業が増え、利用する私たちにとって「増えすぎて訳わからない!」「結局どれを使えばいいの?」と思ってしまうこともしばしば・・・

本記事では、日に日に増える「〇〇ペイ」を簡単にまとめて、それぞれの特徴などを紹介したいと思います。

今後、徐々にそれぞれのペイについて詳しく記述する予定ですので、まずは今現段階でどんなペイが存在するか、どんな特徴があるか少しだけお勉強しましょう!

関連記事
スマホ決済を使ってみよう!メリットやデメリット、選ぶ会社のポイントも

スポンサーリンク

携帯キャリア系QRコード決済

PayPay【ソフトバンク系列】

「100億円あげちゃうキャンペーン」というキーワードが強烈に印象が残り、すぐにビックトレンドとしたPayPay。

10回から20回やらに1度は支払った金額が全てポイント還元されることなども話題となったことも記憶に新しいですね。

 

PayPayは、プリペイド式の決済アプリで、銀行口座やクレジットからアプリ内にチャージをしてお会計をする前払い式決済サービスになります。

チャージをしたら、支払先のお店でアプリに表示されるQRコードまたはバーコードをスキャンしてもらってお会計完了!簡単にお買い物が済みますね。

 

また、お会計金額の0.5%がPayPayポイントとして貯まり、貯まったポイントはお金として利用できることも特徴的です。

20%還元キャンペーンなども行っていますが、キャンペーン期間外でも常に0.5%(200円で1ポイント)還元されることはうれしいですね。

 

ヤフー、ソフトバンク系列ということもあって、還元キャンペーンなどはソフトバンク・Yahoo!プレミアムユーザーが少し優遇されている感もありますが、基本的には誰でも無料で利用することができます。

 

ただ、唯一のPayPayの弱点は、チャージ方法がすごく絞られてしまっているということ・・・

2019年3月に大幅に改善されて、VISAやマスターカードのクレジットでもチャージができるようになりましたが、他互換性の高いペイ事業に比べたらもう少し頑張ってほしいかなという印象もあります。

 

PayPayを導入するお店もかなり増えて、最近ではコンビニや大手家電量販店であればほとんどが利用できるようになりました。

ポイント還元キャンペーンは他のペイ事業をはるかに上回りますので、登録だけしておくことも損ではないです。

 

d払い【docomo系列】

携帯キャリアのドコモが運営する決済サービスのd払い。もちろんドコモユーザーでなくても利用することができます。

支払い方法は、ドコモユーザーの人は携帯電話と合算してまとめて後日支払い(後払い方式)にできたり、クレジットカードからの引き落とし、ドコモ口座(別途ドコモ口座の開設が必要)から支払う形になります。

前述したPayPayがチャージ方式の前払い式ならd払いは後払い方式になりますね。

後払い方式のd払いですが、カードでも携帯電話料金との合算でも使用限度額が設定できますので、使い過ぎを防ぐことができます。

 

d払いポイント還元施策を行っており、200円につき1ポイントのdポイントが還元されます。

還元キャンペーンも豊富で、店舗別で20%~100%のポイント還元を行っていたり、週末限定でポイント6倍など毎日のように様々な大型キャンペーンも開催されており、正直忙しいなという印象も(笑)

こういった大型キャンペーンはエントリーが必要になりますので、お得な情報は忘れずチェックしたいですね。

リアルの加盟店は他のペイ事業者に比べて少し劣りますが、Amazonセブン&アイのオムニ7など多くのネットショッピングで利用することができます。

ネットショッピングがメインの方にはおすすめのスマホ決済サービスです。

 

au PAY【KDDI系列】

キャリア系ペイシリーズの中では一番最後に登場したKDDI主導のau PAY

4月15日から最大還元率26.5%と超太っ腹なキャンペーンも開始されるようです!

今まで様々な会社が「我先に!」とスピード感満載で誕生させたQRコード決済に対し、au PAYは見切り発車は禁止・各社の反省点を盛り込んで完璧な状態で発信しているとも考えられます。

 

「出始めたばかりだから使える店は少ないんじゃないの?」と想像してしまいがちですが、au PAYは2019年夏よりペイ事業でも大手である楽天ペイとタッグを組み、既に楽天ペイが契約しているお店で決済利用が可能になる予定です。

今後の見通しとしては未知数ですが、KDDI×楽天という大手企業同士きっと大型なプロモーションを組んで初回登録者数を増やしていくかもしれません。

 

スポンサーリンク

IT系QRコード決済

LINE Pay【運営会社:LINE】

もはや私たちの生活になくてはならないコミュニケーションツールとなったLINE。

そんな株式会社LINEが運営する電子マネー決済サービスが「LINE Pay」です。

 

当初のLINE Payは、LINEの友達同士で送金できたり、割り勘機能などコミュニケーションツールらしい電子マネーとして誕生しましたが、最近ではメキメキと利用できる店舗を増やし、QRコード決済業界ではトップクラスの知名度となりました。

 

LINE Payは基本的に前払いのチャージ式で、スマホ端末にチャージした金額でお買い物をしたり、友達に送金したり、各種領収書を支払ったりすることができます。

チャージも、銀行口座から都度チャージができたり、コンビニやLINE Payカード(専用のプリペイドカード)からでもチャージ可能

クレジットカードを持っていない学生や専業主婦の方でも比較的使いやすい決済サービスですね。

 

また、他の決済サービスになくてLINE Payにある特徴としては、残高をご自身の銀行口座に出金できるということ!

例えば、親からLINE Pay経由で送ってもらった仕送りや割り勘で返ってきた残高、チャージしすぎた金額を銀行口座に戻して現金化することができるのです。

手数料は1回につき216円かかりますが、LINE Pay内にある残高は使い切らなくてもいいという安心感は強いですね。

 

また、独自のLINEポイント還元率もペイ事業の中では高いので、お得度で言えば満足度の高い決済サービスです。

 

楽天ペイ【運営会社:楽天】

現在のペイ事業の中ではトップ2である楽天ペイ(1位はPayPay)。

普段のおい物をスマホで決済するだけで楽天スーパーポイントがガツガツ貯まるという楽天ユーザーにはたまらない決済サービスです。

スマホのQRコード決済サービスが注目を浴び始めたのは、PayPayが開始された2018年10月ですが、実は楽天ペイは2016年10月から運用されている比較的古いペイ事業になります。

支払いは、後日楽天ペイに登録したクレジットカードで引き落としをする後払い方式になります。

 

楽天ペイでお買い物をすると200円につき1円分の楽天スーパーポイントが還元される上に、クレジットカードのポイントもつくので実質ポイント二重取りが可能に!

ただ、支払いが銀行口座からのチャージや引き落としができずクレジットカードのみになります。

上限金額は50万円とありますが、楽天ペイ経由では分割払いやリボ払いができないので、使い過ぎには注意したいですね。

 

楽天ペイの魅力は、やはり楽天スーパーポイントの互換性とポイントの使い勝手の良さでしょう。

貯まったポイントを1ポイントからその場でお会計で使用することができるので、こまめに使えば使い忘れることが無くなるはずです。

また、楽天は期間限定ポイントなどをこまめにプレゼントしてくれます。

期間限定ポイントは数日から1か月ほどの短期間で設定されている場合が多いので、こちらもこまめに使っていきたいですね。

 

今後は個人間の送金サービスや登録可能クレジット会社を強化など多くの面で改善が見込まれているので、新たな情報が入り次第追記いたします。

 

メルペイ【運営会社:メルカリ】

国内最大手のインターネットフリマ「メルカリ」が親会社として運営する「メルペイ」

メルカリの売上金をそのままお買い物に利用できる決済サービスです。

今まではメルカリの売上金を現金化するにも半年以内など期限が設けられていたり、指定額以上の売り上げがないと振込手数料もかかってしまったりと「もう少し使い勝手がよくなればな・・・」と思うところもありました。

メルカリでの売買は主婦やママにも人気で、自分の売上金を銀行経由せずとも、すぐにお買い物に利用できることが特徴的です。

メルカリ愛用者にはとても使い勝手のいいペイになるのではないでしょうか。

QRコードとして決済できるお店はまだ少ないですが、非接触型IC決済「iD」と連携していますので、実質的に利用できるお店はかなり多くなります。(iDマークのあるお店で利用できます)

 

しかし他のペイに比べて還元キャンペーンなどはないので、「お得に使う」という意味では少し劣ります。

悪魔でも「メルカリで売り上げた金額を効率的に使うサブ的な使い方」がいいかもしれませんね。

 

Pixiv PAY【運営会社:ピクシブ】

Pixciv PAYは、アニメやゲームといった日本サブカルチャーを愛する方のためのペイとして展開される決済サービスです。

ピクシブとは、プロ・アマ問わずアニメやゲーム系のイラスト投稿や閲覧が楽しめるコミュニケーションサービスで、ピクシブから人気となり漫画家やエンターティナーとしてデビューした人も多い日本サブカルを支えている会員制サイトとして運営されています。

 

Pixiv PAYは、基本的には通常のお買い物で利用するのではなく、アニメ同人誌系のイベント(コミックマーケット、コミックシティなどの同人誌即売会)などでユーザー同士に利用されます。(一部ローソンやファミリーマート、ミニストップなどではご利用できます)

 

Pixciv PAYはアマチュア同士が販売する同人誌即売会で、現金のやりとりをする必要なくスムーズにお会計ができる便利さもありますが、コミケならではのメリットも。

  • 販売する側が売り上げ管理をリアルタイムに行える
  • 次回イベントの宣伝や売買者同士でメッセージのやりとりできるコミュニケーション機能つき
  • コミケでのお会計による混雑の緩和
  • 混んでるコミケ会場で現金トラブルが減る

など、コミケ会場を盛り上げながらもトラブル回避を行う役割にもなっているのですね。

ただ使い勝手という面では日常生活に不十分なところもあるので、普段のお買い物でメインとして使うものではないでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

現在もコンビニ系、IT系、銀行系など多くの企業が様々な戦略でペイ事業の参戦を試みています。

決済サービスは、お買い物決済だけでなく送金・ポイント還元などもトレンドとなり、ますます私たちの生活から切っても切り離せない関係となるでしょう。

まだスマホ決済に手を出していない人は、まずは自分の身近な企業から少し始めてみてはいかがでしょうか?

現金派の方でも使い慣れれば便利さに感動するかもしれませんよ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママズマネー , 2019 All Rights Reserved.