ママのために発信したい育児とお金の総合マガジン

スマホ決済を使ってみよう!メリットやデメリット、選ぶ会社のポイントも

 
この記事を書いている人 - WRITER -

最近では多くの企業が参戦し、大型ポイント還元サービスなどで強烈なインパクトを与えているスマホ決済サービス。

お財布を持たなくても、スマホ1つでお会計が完了する便利さや、政府がキャッシュレス決済に向けて大きく動いていることから急激に普及が進みました。

しかしスマホ決済の流れが早すぎて、「全くついていけてないんだけど・・・」という方も少なからずいるはずです。

今回はスマホ決済ビギナーさんに向けた基礎知識「そもそもスマホで決済ってどうなの?」というところからメリット・デメリットまで解説したいと思います。

スポンサーリンク

スマホ決済の基礎知識を知ろう

スマホ決済とは?

お買い物時にスマホを利用してカード払いを行ったり、スアホアプリ内にチャージしているお金でお会計をする決済方法を総じて「スマホ決済」と呼んでいます。

具体的には、バーコードやQRコードを読み取ったりSUICAのように専用端末にかざして決済を行うなど支払い方法は様々ですが、全ての共通点として「レジで現金の受け渡しを行わない」ということです。

 

スマホ決済は、日本が大きく力を入れているキャッシュレス決済の一環です。

キャッシュレス決済と言えば、今まではクレジットカードで支払って後日銀行口座から引き落としをする支払い方法が一般的でしたが、最近ではカードの情報もスマホに入れてスマホで支払い→カードでまとめる→銀行口座からの引き落としへと時代が変化しつつあります。

 

現金大好きな日本人にとって、まだなかなか浸透していないスマホ決済ですが、実はスマホが生活必需品となっている私たちにとってメリットがとても大きいサービスです。

では、次項からスマホ決済を詳しく知り、メリットデメリットも理解していきましょう。

 

スマホ決済は「前払い式」と「後払い式」の2種類

スマホ決済の支払い方法は「前払い式」と「後払い式」の2種類があります。

前払い式は、あらかじめ銀行口座などから現金をスマホ決済アプリにチャージして、支払いの度にそのチャージから引き落としていくタイプ。残高がなくなればチャージ・・・を繰り返す方法ですね。

後払い式は、最初にスマホで支払って後日まとめてクレジットカードや携帯電話料金などに合算してまとめて引き落としをするタイプになります。

 

前払い式の代表的なイメージは、カード型のSUICAやWAONが有名ですね。

クレジットカードは全て後払い方式のキャッシュレス決済になります。

どちらの支払い方法も一長一短で、「あるだけ全部使ってしまう!」って人は、管理のしやすい前払い式(お金がなければチャージもできない)が向いていますし、「都度チャージが面倒」なんて人は後払い式が利用しやすいかもしれません。

 

支払い方法は「QRコード」と「非接触型IC」

一言にスマホ決済といっても2種類の決済方法があります。

QRコード決済

QRコード決済は、スマホの画面に表示されたQRコード(またはバーコード)をレジ側に見せて決済する方法です。

話題のPayPayやLINE Pay、d払いなどが当てはまりますね。

引き落としは紐づけたクレジットカードの支払いにまとめることも出来ますし、あらかじめ銀行口座からチャージすることも可能です。

また、docomoが運営するd払いでは、ドコモユーザー限定で携帯電話料金にまとめて支払いができることも。

クレジットカードがなかなか持てない学生や専業主婦の方でも比較的決済しやすいように支払い方法は各社たくさん用意されています。

 

非接触型IC決済

コンビニで「お支払いは?」「スイカで」なんて会話をして、レジ前にある専用端末にカードやスマホを近づけたことはありませんか?これが「非接触型IC決済」です。

もともとはソニーが「FeliCa(フェリカ)」というかざして決済する技術を開発し、現在ではSUICAやICOCAなどの交通系電子マネー、WAON、Edy、ApplePay、GooglePay、iDなどが存在します。

あらかじめ現金をチャージして利用するのですが、最近ではチャージもクレジットカードからの引き落としがメインですね。

後発したQRコード決済が普及しつつあるといっても、やはり2000年代から活躍し続けている非接触型ICの需要と供給率は年々右肩上がり。

しかし現代でも全スマホ機種が非接触型ICに対応しているわけではないので、完全なるスマホ決済よりも「カードと半々」といった具合でしょう。

 

スポンサーリンク

スマホ決済のメリットは?

ポイント還元キャンペーンがとにかくすごい!

「100億円キャンペーン」やら「ポイント40倍キャンペーン」などインパクト大なポイント還元施策。

スマホ決済に興味があったわけでないけど、還元キャンペーンのお得さに釣られてサービス登録された方もいるのではないでしょうか?

 

中でも一番強烈な印象でメディアを盛り上げたのは「PayPay」ですね。

大手家電量販店でPayPay決済をしたら購入額の20%がポイントとして戻ってくる・・・しかも20回の1回程度の確率で全額ポイント還元も!

都内のビックカメラでは、PayPay支払いを求めて長蛇の列ができていたこともニュースで度々報道されていました。

このキャンぺーンで一気に知名度を上げたPayPayに続けと言わんばかりにLINE Payやドコモのd払いも大型還元キャンペーンも開催。

スマホ決済会社が独自で開催するポイント還元だけではなく、決済代金の支払いをクレジットカードにしておけばさらにカードのポイント還元もついて、いわゆる「ポイント2重取り」が可能になります。

 

大型なキャンペーンは一過性なものですので、今後も継続して定期的に行われるかは不明ですが、物価も右肩上がりで給料が上がらない現代の日本人にとって、この各企業のポイント施策は本当に貴重です。

 

セキュリティ面は現金以上の信頼性

スマホ決済を懸念する声として一番多いものはセキュリティ面。しかし、スマホ決済のセキュリティは現金以上の強固なものになります。

 

「もしスマホを落とした場合、すぐに使われるのでは?」「情報を抜き取ったりすることも簡単なんじゃ・・・」と懸念される方もいますが、最近のスマホはロックコードも複雑化し、指紋認証なども厳重になっているため、普通に使っている限り紛失してすぐに悪用される可能性は低いです。(恐らくスマホ側でロックがかかります)

 

また、支払いのために登録したカード情報等については暗号化されており、読み取り後すぐに使えなくなったりと私たちが想像している以上の強固セキュリティで守られています。(筆者もITやシステム専門家ではないので具体的な知識はありませんが・・・)

 

むしろスマホよりもお財布を落としたときのほうが、すぐに現金を抜かれたり、クレジットカードを悪用される可能性のほうが十分に高いのではないでしょうか。

こういった盗難や紛失に関するリスクは、現金よりもスマホ決済のほうが安全ともいえるでしょう。

 

スポンサーリンク

スマホ決済のデメリットは?

まだまだ利用できるお店が限られている

スマホのQRコード決済に火がつき始めたのは、ソフトバンク子会社が運営する「PayPay」「100億円キャンペーン」でしょう。

最近のスマホ決済は、コンビニや家電量販店など多くのチェーン店で利用できる場面が増えましたが、実際のところまだまだ使えるお店は限られています。

都内や都市部であれば比較的利便性の高いスマホ決済ですが、郊外のスーパーマーケットや個人経営の飲食店などではいまだ導入できず、結局お財布で現金払いがメインとなってしまうことも。

スマホのQRコード決済は、導入する企業側のコストが少ないことも特徴的ですので今後は大きく伸びてくる可能性もありますが、スマホ決済会社が増えすぎて消費者(私たち)側からすれば「結局どれを選べば分からないから使わない」という悪循環が生まれる可能性も出てきそうです。

 

スマホの充電が切れると死活問題

スマホ決済は、スマホの中にアプリなどをダウンロードしてお財布代わりにお会計をする機能です。

ですので、もちろんスマホの充電が切れるとお会計はできません!

もし、普段から財布を持ち歩かずにスマホのみでお買い物を完結していた方が、ふとトイレにスマホを落としたり充電が切れたりした場合は死活問題に・・・

普段からスマホの取り扱いには十分に注意していてもやはり機械ですので、何があるかわかりません。

「ちょっと近所のコンビニに」ぐらいであればスマホ1つで十分かもしれませんが、丸一日出かけたりする場合には保険的な意味もかねて少しは現金を持っておきたいですね。

 

スポンサーリンク

溢れるスマホ決済。どの会社を選ぶべき?

STEP1:自分のライフスタイルにあった会社を

〇〇ペイが多すぎて正直どの会社を選んだらいいかわからない・・・

そんなときは、まず手始めとして自分の一番身近な会社が運営しているスマホ決済を選んでみましょう。

 

もし、携帯の携帯キャリアがドコモであれば、携帯料金と支払いが合算できるd払い、

楽天のヘビーユーザーで普段からRポイントをコツコツ貯めているのであれば楽天ペイ、

ソフトバンクユーザーやYahoo!プレミアム登録者であればPayPay、

iPhone愛用者であればApple Pay、AndroidならGoogle Pay・・・

 

恐らく今のライフスタイルでよく使う会社がスマホ決済に乗り出しているかと思いますので、スマホ決済デビューには入りやすいのではないでしょうか。

会社によって、利用可能店舗が違ったり、ポイント還元率が異なりますが、百聞は一見に如かずです。

まずはサービスを登録して使用感を感じてスマホ決済を生活の一部に感じられるようにしたいですね。

 

STEP2:管理できるのであればたくさん持って使い分けを

スマホ決済アプリは登録するだけなら無料で、極端な話全て登録して利用することも全く問題ありません!

使えるお店も会社によって様々ですし、お得度も変わってくるので、スマホ決済に慣れたのであればたくさん持って使い分けをすることもオススメです。

例えば、

  • PayPayの大型キャンペーン中はPayPay払い中心でポイントを貯める、
  • 楽天市場で楽天ペイキャンペーンが始まったら楽天ペイで支払い、
  • 何もないときは基本的にポイント還元率の高いLINE Payで・・・

など、そのときによって使い分けると還元ポイントは分散されますが、結局のところお得になる可能性も。

 

また、会社によって利用可能店舗数が違うので、多く登録することでスマホ決済できる店が実質的に増えることにもなります。

ただ、たくさん登録した場合、上限額だけには気を付けてスマホ決済破綻にならないように注意しましょう。

 

まとめ

スマホ決済は実はまだ始まったばかりで、今でも水面下では大手銀行系会社やベンチャー企業などが次々と決済事業に乗り出しています。

正直これ以上増えると利用する私たちも少しパニックになるかもしれませんが、上手に理解してお付き合いすると消費税増税も怖くないほどのお得な買い物ができることになるでしょう。

現在の日本はまだまだ現金主義で、現金を持っていることに安心してしまう性質がありますが、今後グローバル社会を生き残りスマホを利用するのであれば避けて通れないものになるのかもしれませんね。

 

案ずるよりも生むがやすし。まずはスマホ決済とはどのようなものか、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママズマネー , 2019 All Rights Reserved.