ママのために発信したい育児とお金の総合マガジン

気付かないうちにあった無駄な出費!生活の無駄をなくして節約の一歩へ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

「貯金を増やしたいな」と思ったとき、すぐ行動できる方法で思いつくものは副業で収入を増やすか節約するかのどちらかでしょう。

しかし副業にあたっては会社で禁止されていたり、そもそもすでにヘトヘトになるまで働いている方も多いはず。

仕事を増やせない方が貯金のためにすることは節約を試みることが第一選択となりますが、まずは身の回りの無駄な出費はないか確認してみましょう。

意外にも自分自身が気付いていない出費があるかもしれません。

1つ1つは大した金額でなくても、年間を通してみると大きな出費になって家計を圧迫している場合も・・・

今回は普段あまり気にかけないような隠れた無駄な出費や、今すぐ抑えることができそうなライフスタイルであるあるの出費を紹介します。

心当たりはないか、是非確認の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

自分でも気付いていない出費を確認しよう

サイトやアプリの有料会員登録

「初月無料」「実質無料」の言葉に揺られて、ずっと会員になり続けているものはないですか?

使っていない動画共有サイトのプレミアム登録、月に1回アクセスするか分からないサイトの会員など・・・

サービスの利用をご無沙汰しているにもかかわらず、ずっと払い続けている月額料金は年間に換算すると大きな出費となります

 

こういった会員登録系の支払いはクレジットカードが多いと思います。

最近のクレジットカードはネットでの明細確認が主流となっていますので、自分で確認しなければあまりマジマジと見る機会が減ったのではないでしょうか。

一度、今どんな会員に登録しているか一度洗い出してみましょう。

その中で、本当に便利で利用するものだけ残して、必要のないものは解約することで節約につながります。

 

スマホのプランを見直ししてみよう

スマホや携帯電話など1度契約するとなかなか料金プランの見直しなど行わないかと思います。

契約時にショップの店員にいわれるがままにプランを決めて契約し、そのまま支払いを続けていませんか?

もしプランの見直し加入しているオプションを確認するとスマホ代が急激に安くなることもあります。

最近はLINEなどの普及で、電話もLINEを利用している人も多いかと思います。

昔はカケホーダイが主流でしたが、最近電話の量が減ったのであればシンプルなプランに変更するのも1つですね。

携帯電話会社の料金プランは次々と新しいものになっており、昔のまま何も変更しないでいると気付かずうちに損をしている場合も。

また、念のためといって加入した携帯保険や独自のサービスなどオプションも洗い出してみましょう。

もしかすると自分でも気付かないうちに利用しない料金を支払いしているかもしれません。

 

関連記事
格安スマホは家計の味方?安さの魅力に隠れたデメリットも

ATMの手数料、知ってますか?

最近は24時間365日いつでもお金が下ろせる便利なATM。

忙しい現代人にとってとても便利ですね。

しかしATMは土日や夜間時間帯は手数料がかかる場合が多いです。

今持っている銀行のATMの無料時間帯をしっかりと把握していますか?

実は気付かないうちに手数料がとられている場合も。

普通預金に預けていても金利は増えないのに、その上手数料を払うととてももったいないです。

今一度、メインバンクの手数料無料の時間帯や曜日を確認しましょう。

 

住宅ローンの金利はバカにならない

毎月自動で支払いをしている上に、今は超低金利ですのでさほど気にしていない人も多いでしょう。

しかし、わずか0.5%や0.8%といった小さな金利でも借入額が大きいと支払う金利も大きくなります

住宅ローン控除で1%分が控除されるといっても、「借入残高×0.01>年間の所得税」の場合、控除しきれないので支出の1つになります。

もし、借入額が大きく残っている方は少額でも繰り上げ返済を検討してみてはいかがでしょうか

投資などで年間5%で運用‏しているといった場合は話が別になりますが、10万円でも20万円でも小さい額を繰り上げすることで最終的に支払う金利が大きく変わります。

 

スポンサーリンク

ちょっとした意識と少しの我慢で大きな節約に!

たばこやお酒の嗜好品は少しだけ我慢をしてみる

お酒やたばこは大人の嗜好品ですので、個人的には絶対悪いとは思いません。(体に良い悪いという話は別として)

むしろ、お酒が好きであれば仕事のお付き合いも楽しくなりますしたばこも仕事や生活の息抜きやコミュニケーションに一役かっているのであれば本人のモチベーションにも繋がるでしょう

ですのでやめろとは言うつもりはありませんが、少し節約意識をするのであれば気持ち減らしてみてはどうでしょうか。

1回に吸うたばこの本数を1本減らしてみたり、普段500mlのビールを3日に1回は350mlに変えてみたり・・・

「少しだけ我慢してみようかな」という気持ちがお金の節約にもなります

たばこ1本=25円(1箱500円で計算)を1日4本減らすだけで100円。

月間で3,000円、年間で36,000円。長い目を見るととても大きな額になりますね。

もちろん嗜好品は贅沢品ですので止めるに越したことはないですが、ストレスになって家事や仕事への気持ちが下がってはいけないので、節約をするのであれば気持ち減らすようにしてみましょう。

 

外食先で少しだけ我慢を

「家族で外のご飯ぐらい、好きなものを頼みたい!」「たまの外食で我慢したくない!」という方ももちろんいらっしゃいます。

たまにする外食のために毎日仕事や家事育児をがんばれたり、何かのお祝いだったり、外食という行為が一種のエンターテイメント化しているのであれば我慢は必要ないでしょう。

しかし、料理もできないほど疲れた日に行く外食や、休日のランチなどで行く外食に関しては少しレベルを落としても大きなストレスにはならないかと思います。

例えば、

  • ファミレスでつけるドリンクバーをやめて、水だけにする(または1杯だけにする)
  • お得に見えるセットメニューではなく、単品メニューにしてみる
  • 食べきれないお子様ランチよりも大盛りメニューを親子でシェアする

などなど、「今日はちょっと抑えようかな」と思うと、いくらでも削れるところは出てくるはずです。

上記は既に筆者の体験談でもあるのですが(笑)

 

ランチの限定セットメニューってサラダやスープもついてお得に見えるんですよね。

それぞれ単品で頼むよりは安くなるというシステムですが、単品メニューの料金には勝てないことがほとんどです。

実際にセットを頼んで食べている間に「こんなにいらなかったかな?」と思うこともしばしば・・・

よく食べる方であれば安くてお得なセットメニューが好都合かもしれませんが、一般女性がお昼に食べる量と考えれば少しボリューミーになってしまう可能性もありますね。

 

スポンサーリンク

まとめ~スーパーをハシゴする前にできること~

節約するとなるとまず考えることが「食費」や「光熱費」などの変動費でしょう。

しかし、スーパーをハシゴして98円の卵を買いに回るより、電気代を抑えるためにこまめにコードを抜くより、目に見えていない出費を洗い出すほうがよほど効果的です。

気が付かないで支払いをしているものを確認したり、普段の生活から少しだけの我慢をすることでスーパーのハシゴ以上の効果を得られるかと思います。

塵も積もればなんとやら。

上記のような出費を減らすことに成功したら、次に安いスーパーに行ってみたり美味しい節約料理を覚えることにチャレンジしてみましょう!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママズマネー , 2019 All Rights Reserved.