ママのために発信したい育児とお金の総合マガジン

外貨預金は初心者でも始めやすい?外貨預金のメリットとデメリット

 
この記事を書いている人 - WRITER -

日本の銀行預金は長く低金利が進んでおり、長期で預けておいても金利で資産を増やすことはとても難しいです。

日本の定期預金で100万円を1年間預けたとしても100円程度しか増えません。

むしろマイナス金利が続くことで、金利よりも引き出しの手数料が高くついたり、今後は銀行に預けているだけで預入手数料を取られてしまう可能性も。

 

そこで今注目されている預金方法が「外貨預金」です。

金利の高い国にお金を預けることで、海外の高い金利を受け取ることができる一種の投資方法で、今では証券会社など特別な口座を新たに開設しなくても比較的どこの銀行でも始めやすくなっています。

このグローバル社会にとても効率的な預金方法かもしれませんが、リスクを理解していないと思わぬ損をしてしまう可能性も。

今回は外貨預金の基礎知識からメリットとデメリットを紹介いたします。

スポンサーリンク

外貨預金とは一体なに?基礎知識から身につけよう

外貨預金は日本円でなく外貨の通貨で預金すること

私たちは毎日のように銀行を利用しています。

お給料の振込、引き出し、ネットショッピングの振り込み、臨時収入の預け入れ・・・

例えば10,000円を銀行口座に預け入れた場合、次に引き出すときも10,000円ですね。(手数料は考慮していません)

日本円の銀行預金は、預けた金額と引き出す金額が同等になる仕組みになっています。

預けたときも引き出すときもお金の価値が変わっていないので当たり前の話でしょう。

 

この当たり前のシステムを外国の通貨に変更することが「外貨預金」です。

日本の銀行と同じように普通外貨預金・定期外貨預金など種類があり、普通外貨預金であればご自身のタイミングで引き出しができますし、定期外貨預金も日本の定期と同じように満期まで積み立てることが可能です。

 

預け入れるときと引き出すときの金額が変わる

外貨預金の一番の特徴は、「日によって価値が違う」ということです。

日本円を外国の通貨に交換することをいわゆる「外国為替(がいこくかわせ)」といい、外貨と交換できる金額は毎日変動しています。(為替レート)

ですので、預け入れたときと引き出すときの金額が変わるのです。ここが日本の預金との一番大きな違いですね。

 

よくニュースで「今日の外国為替は1ドル110円でした」なんて言葉を耳にするかと思います。

意味としては「今日1ドル交換するなら日本円で110円になりますよ」ということですね。

しかし前述した通り、1ドルの価格は毎日110円とは限りません。明日111円になるかもしれないし109円になるかもしれません。

1ドル110円のときに100ドル分を外貨預金に入金した際は11,000円になりますが、引き出す際に1ドル115円になっていた場合、11,500円の日本円となって戻ってくることになります。(いずれも手数料考慮なし)

 

外貨預金で交換できる通貨は?

「どの国の通貨で預金ができるの?」というところも大きな疑問ですね。

実際、外貨預金ができる通貨は「銀行によって異なる」としか言えません。

ほとんどの銀行が取り扱いをしている通貨がアメリカ(米ドル)で、私たちにとっても一番メジャーで身近な通貨でしょう。

他にもオーストラリア(豪ドル)ユーロニュージーランドが人気どころです。

各国の金利で選ぶもよし、旅行などでよく行く国の通貨にしてもよし、安いところで選ぶもよし。

このあたりであれば、大手の都銀やネット銀行でも取り扱いがある通貨になります。

 

スポンサーリンク

外貨預金のメリット

預金中の金利が高い場合が多い

外貨預金を始める理由として一番多いものが、「海外の高い金利」が魅力的なことでしょう。

前頭でも述べたように、現在の日本は超低金利で100万円預けていても100円にもならないことがほとんどです。

しかし、低金利は日本に限っての話であり、海外では金利が日本より高いところが多く、長く預け入れを行うことで、上手にお金を増やすことができます。

 

例えばイオン銀行の場合、アメリカドルの普通外貨預金を行った際、金利は0.7%と日本の定期預金よりも高金利に。

外貨定期預金であれば1.6~2.2%の金利になります。

もし2.2%の年金利で100万円を定期預金した場合、年間22,000円分の金利がつくイメージになりますね。(税金・為替・手数料は考慮していません)

 

同じ国の外貨でも銀行によって金利は違いますが、最近ではネット銀行が比較的高金利を設定しているところが多くあります。

もちろん日本の金利も海外の金利も受け取る際に税金は引かれますが、それでも金利で運用できることは最大のメリットであり大きな魅力です。

 

すぐに始めることができる

「投資で資産運用をしよう」と思うと、証券会社の口座開設から入金、商品選定・・・など思いつきで始めることができません。

外貨預金の場合、証券会社などの口座開設などは必要なく、お手持ちの銀行口座から始められることがほとんどです。

中には外貨預金を行っていない地銀やネット銀行などもありますが、ごく一般的に有名な銀行であればほとんどが外貨預金サービスを行っています。

窓口やネットから申込を行えばすぐ始めることができるので、FXや株式投資に比べてハードルが低いことも特徴的。

「始めてで右も左も分からない」といった場合、窓口で相談すれば外貨預金までの手続きなどをスムーズに行うことができますよ。

 

為替差益を得ることができる

これはデメリットにも成りかねないメリットになりますが、もし預けたときよりも円安(円の価値が安くなった)だった場合、思わぬ利益になる可能性もあります。

もし、預けたときが1ドル100円で、引き出す際に110円になっていれば10円分は自分の利益になるということですね。

もし世界的な大不況が起こり、1ドル90円になってしまった場合は損をするリスクもありますが、現在日本全体がどうにか円安ドル高にしようと頑張っています。

外貨のレートは毎日のように上がったり下がったりしていますので、目先だけで見ると一時的に損をする可能性もありますが、逆のパターンも十分に有り得ます。

日本の預金を続けていても為替差益を受け取ることは出来ませんが、思わぬ利益が発生する可能性を秘めていることが外貨預金の面白いところでもありますね。

 

スポンサーリンク

外貨預金のデメリット

外貨預金はペイオフ対象外

ペイオフとは、銀行が破綻した際に預け入れしていた金額の1000万円までは保証されるという日本の銀行の制度です。

ほとんどの銀行ではペイオフ(正式名称は預金保証制度)対象ですが、外貨預金はペイオフの対象外になります。

ですので、万が一外貨預金を行っている銀行が破綻した場合、預け入れをしている日本の預金は保護されますが、外貨預金に関しては手元に戻らない可能性も。

最近の経済状況では「大手だから安心」とも言える時代ではないので、外貨預金に限った話ではありませんが、もし「ちょっとこの銀行危ないな」と感じたらすぐに対応することがベストでしょう。

 

預け入れ、引き出し時の手数料が高い

外貨預金を始めるときに必ずかかってくるコストが「為替手数料」です。

海外旅行に行ったことのある人なら分かると思うのですが、為替には「買いレート」「売りレート」というものが存在します。

それぞれ基準となる為替価格に数円の手数料を乗せて私たちに提供するもので、「今日の基準は1ドル100円だけど、円からドルにするなら1ドル101円で提供しますよ」というものが買いレートです。

また、反対に「ドルから円に戻すなら1ドル99円で戻します」が売りレートになりますね。

 

この為替手数料は銀行の利益になるので、銀行によって大きな差も生じます。

一般的に店舗を構えている都銀や地銀よりも、ネット銀行のほうが手数料は安い設定になっていますので、もし始めるならネット銀行をおすすめします。

 

元本割れのリスク

メリットの部分でもお伝えしましたが、為替レートは毎日変わっており、利益になる場合もあれば円高が進み損をするリスクもあります。

100万円分預けていたのに、円高になってしまい95万円にしかならなかった・・・なんていう可能性ももちろん理解しなくてはいけません。

記憶に新しいリーマンショック当時は、1ドル104円前後だった米ドルの為替レートは、たった3ヶ月で87円まで円高に!

あの衝撃的な不況の事件から11年が経ちましたが、その間にアベノミクスがあったり日銀の金融緩和があったりと1ドル80円~120円台をウロウロしていました。

もし、円安のときにまとめて外貨預金を行った場合、元本割れのリスクが多くなります。

少しずつ均等にタイミングを変えて外貨に変えることで、平均単価が安定し、為替リスクが軽減できます。

 

スポンサーリンク

まとめ

高い金利が魅力的な外貨預金ですが、全資金を外貨に交換することはリスクの取りすぎです。

悪魔でも資産運用の一貫として、分散して通貨を持つことが投資の基本となるでしょう。

全資産を100だとすれば日本円に80、米ドルに10、豪ドルに10など分けて通貨を持つことでリスクも分散されます。

また、外貨預金の場合目先の円安円高に振り回されないで、長期的な運用として考えることがベストです。

始めるのであればある程度円安の恩恵が受けられるよう今すぐ使わないお金で運用することをおすすめします。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママズマネー , 2019 All Rights Reserved.