ママのために発信したい育児とお金の総合マガジン

マクドナルドの株主優待を最大限にお得に使う方法!トッピングや裏メニューの注文もOK!

2019/06/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

株主優待の中では根強い人気を持つマクドナルドHD。

子どもから大人まで大好きですよね!

一昔前までは安いハンバーガーショップの代名詞でもありましたが、最近はモーニングタイムから夜メニューまで様々な工夫があり、家族で外食となるとファミリーレストランに引けを取らない価格帯にもなりました。

 

「たまにはマクドナルドで少しリッチな食事がしたいな・・・」と思ったときは、ぜひマクドナルドの株主優待を利用してください!

 

マクドナルドの株主優待は、高いメニューを頼めば頼むほどお得になり、なんと最大では1,000円を超えるようなオリジナルセットの注文まで可能!

今回は、マックファンなら是非知っておきたいマクドナルド株主優待の徹底攻略法を紹介します!

スポンサーリンク

マクドナルドの株主優待について知ろう

マクドナルドの株主優待は何がもらえる?

マクドナルドの株主優待は、「バーガー、サイドメニュー、ドリンク」引換券が各6枚セットになった商品引換券年2回もらえます。

優待の権利確定月(この日に株主でいれば優待がもらえる月)は毎年6月と12月ですが、実際に株主優待が到着する日は3月末と9月末で、少しタイムラグがあります。

もちろんマクドナルドのバリューセットでまとめて使うこともできますし、1枚ずつ切り離して単品で使うことも可能!

6枚綴りの引換券が年間2回もらえますので、優待を利用すれば年間12回まで無料でマックのセットを食べることができます。

 

こちらは優待を利用して、新商品を楽しんでいる様子ですね。こちらで優待の「バーガー券、サイドメニュー券、ドリンク券」を1枚ずつ利用して注文したものだと思われます。

期間限定メニューも株主優待で楽しむことができますので、マクドナルドファンにはたまらないですね!

 

マクドナルドの株主になるための投資資金

マクドナルドHDは、東証ジャスダックに上場している国内の小売業です。

株主優待を確実に手にするには、マクドナルドHDの株主になる必要がありますが、業績好調で大手飲食チェーンのため、少し投資資金が嵩張ります。

 

ちなみにマクドナルドHDの現在の株価は、5,000円前後を推移。年間12枚の優待引換券をもらうには、最低100株の保持しなくてはいけません。

 

優待をもらうためには、5,000円×100株=500,000円の投資金(+売買手数料が数百円ほど)がかかります。

また、保有株数によってもらえる年間の優待数も変わりますので、下記の図を参考にしてください。

 

もし、マクドナルドHDの株を500株購入する場合、5,000円(株価)×500株=2,500,000円の投資金額が必要になります。

投資ビギナーがいきなり手を出せる金額ではないかもしれませんね・・・。

ちなみにマクドナルドHDは、株主優待以外にも年間3,000円の配当金が入ります。

優待の無料引換券1冊の相場が約3,000円程度と仮定して投資利回りを計算すると・・・

 

100株取得で【優待2冊(計6,000円)+配当3,000円】÷500,000×100=利回り1.8%ですね。

初期投資としては少しハードルが高めになるかもしれませんが、金利がほとんどつかない普通預金に眠っている動いていないお金があればチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

マクドナルドの株主優待はどうやって手に入れることができる?

「株主優待」と聞くと、少し敷居が高く感じてしまうしれませんが、最近では優待需要が高まり、ネットのフリマアプリや金券ショップでも手に入れることができます。

もちろん実際に証券口座を開設し、株主になって優待を取得したほうが楽しみも増えますが、マクドナルド株はあまり安い金額で買えるほどの株価ではないですし、やはり優待目的とはいえ投資ですのでリスクはつきものです。

「投資をしなくても優待を手に入れたい!」という場合は、金券ショップやインターネットのフリマアプリラクマを利用しましょう。

価格相場としてはバーガー、サイド、ドリンクの1セットで500円~550円になり、優待券1冊(6セット綴り)で3,000円~3,500円あたりを推移しています。

ちなみに国内最大手「メルカリ」では現在株主優待の売買はできません。(金券・優待類の売買自体が禁止されています)

マクドナルドの株主優待は、毎年3月末と9月末に到着しますので、時期が近付けば相当な数の出品数があります。

しかし人気優待ですので、お値打ち価格で出品されているものはすぐにSOLD OUTに・・・見つけたら是非チェックしましょうね!

 

金券ショップの場合、引換券1冊での販売よりも「バーガー、サイドメニュー、ドリンクを1枚ずつで1セットで販売していることが多いです。

こちらで約500円~600円程度で販売されています。

朝マックは比較的ワンコイン以下のセットが多いですが、夜マックなどで少しリッチなバリューセットで使用するとお得になりますね!

 

スポンサーリンク

マクドナルドHDの株主優待をお得に使いきれ!

優待を使って値段が高い商品を狙い撃ち!【難易度★☆☆☆☆】

マクドナルドHDの株主優待の特徴は、値段が高い商品を選ぶほど優待の価値が上がります!

優待内容も「無料引換券」とうたっているほどですので、お好きなメニューと引き換えすることが可能!(※一部対象外商品もあります)

極端な話、単品390円のビッグマックと交換してもいいですし、100円のハンバーガーやチキンクリスプと交換してもいいわけです。

 

でも同じ金券なら、高い商品と交換したほうがお得ですし、実質の利回りもアップしますね?

前項でも申し上げた通り、マクドナルド優待の想定相場が1セット(バーガー、サイド、ドリンク)で500円程度です。

ということは、500円以下の商品で優待を利用するのは少しもったいない気もしますので、せっかく優待をお得に駆使するなら、一番高いセットを注文しましょう!

 

現在マクドナルドで販売されているレギュラーメニューで一番高いメニューは、夜の時間帯に発売されている夜マックになります。

夜マックは、一日の疲れをマクドナルドで楽しむ方に向けたボリューミーなメニュー設定になっており、お値段も朝や昼よりもやや高め。

その中でも一番高いメニューが「倍グランクラブハウス」。

ポテトMサイズとドリンクがついて、バリューセット額はなんと890円!!

ファーストフードとは思えない値段設定ですね。普段であれば「ちょっと高いから躊躇してしまう・・・」なんて方も、優待であればタダ同然ですので、気にせず注文しちゃいましょう!

 

マクドナルドの夜時間帯(17時以降~)に販売されている夜マックメニューは、安いものでもセットで600円、相場が700円~800円ですので、どのバリューセットを頼んでも元は取れる計算です。

昼の時間帯でも、期間限定メニューやレギュラーのボリュームあるメニューであればそこそこのお値段になるものもありますので、できれば500円以上のセットをチョイスしましょう。

 

朝マックが大好き!そんなときは・・・【難易度★★☆☆☆】

実際に今こちらの記事を執筆している筆者の話なのですが、特別マクドナルドのハンバーガーが好きというわけではなく、朝マックメニューが大好きなんです。

焼き立てのマフィンに挟まれたチーズとハム、ハッシュドポテトに暖かいコーヒー・・・これだけで幸せになります。

しかし朝マックのメニューは比較的安く、400円もあれば注文できますし、公式スマホアプリのクーポンを利用すると350円程度にも・・・

もし朝マックメニューや子ども用のハッピーセットにマクドナルドの株主優待を使うのであれば、フリマアプリ「ラクマ」や金券ショップで売りに出しましょう!

せっかくならお得に好きなものを食べれたほうが満足度も高くなるので、もしご自身の好きなメニューが500円以下の場合は、自分で使わず販売した儲けで好物を楽しむのもいいですね!

 

1つ注意点としては、マクドナルドの株主優待には約半年間の有効期限が存在します。

もし売却のタイミングが期限ギリギリになった場合、なかなか高値での売却が難しくなる場合もありますので、ご注意ください。

(期限が1か月などを切ってしまった場合、1セットで300円ほどまで値下がりする可能性もあります)

 

マクドナルドの優待は切り離して使うとお得!【難易度★★★☆☆】

マクドナルドの株主優待は、基本的に「バーガー、ドリンク、サイドメニュー」1枚ずつを利用してバリューセット1つに利用することが一般的でありレジでのお会計もスムーズです。

しかし、利回りを考えると実は切り離して単品で利用するほうがお得になります!

 

例えば、前項にも出てきた夜マックの倍グランクラブハウスのバリューセット。

通常で注文すると、「倍グランクラブハウス1つ、マックポテトMサイズ1つ、指定ドリンクMサイズ」が基本的なバリューセット価格(890円)になります。

ドリンクをシェイクにしたり、ポテトをサイズアップすることも可能ですが、差額料金が発生するので、優待を利用する場合は最初から切り離して全て単品で注文してみましょう!

 

例えば、倍グランクラブハウスを単品で注文(590円)ポテトをLサイズで注文(320円)ミニッツメイドオレンジLサイズ(270円)を注文すると1,180円に!こちらが優待1セット(各1枚ずつ)と交換ができます。

バリューセットで注文するよりボリュームある食事になりますし、何よりとってもお得な注文になりますのでたくさん頼んでグループでシェアしても楽しそうですね!

ただ、1つ注意してほしいことは、マクドナルドは公式アプリやしてん聞折込チラシなどで破格なクーポン配信していることも・・・

ポテトLサイズが通常320円に対して190円と約40%も割引されることもあります。

もし、このようなお得クーポンがあった場合は、ナゲット5ピース(200円)サイドサラダ(280円)にしてもいいですね。

バリューセットで注文するより少し手間はかかりますが、優待だけにとらわれず、クーポンも駆使してお得にたくさん食べましょう。

 


上記のツイートのように、何も言わなくても全てLサイズに変更してくれるプロフェッショナルクルーさんも存在するそうです。

このような方に接客していただければ、注文の手間もなくなりますね!

 

バーガーのトッピングは優待利用者の特典!【難易度★★★★☆】

マクドナルドには、有料のトッピングメニューがあることはご存知でしたか?

通常であれば、1つトッピングを追加するたびに40円が加算されるのですが、優待を使えば3つ(120円相当)まで無料トッピングを行ってくれるのです。

トッピングできるメニューは下記の4つ。

  • スモークベーコン
  • トマトスライス
  • ホワイトチェダーチーズ
  • ガーリックチリ

この中から3つまでお好きなバーガーにトッピングがOK!(もちろんトマト3枚!やベーコン3つなどでも大丈夫です)

例えば、何回も出てくる倍グランクラブハウス(590円)に上記トッピング3つを追加すれば710円になります。

ただでさえ大きなハンバーガーがアメリカンサイズになって登場。価格もハンバーガー1つでガストのランチタイム並みになるほどの高級ハンバーガーに早変わりです。

さらにサイドでポテトLサイズとドリンクLサイズにすれば最大で1,300円のセットが楽しめます。

 

注意点としては、有料トッピングは完全に裏メニューの一環ですので、お店によってはトッピングの在庫が無かったり経歴の浅いクルーは知らない可能性もあって、「注文したのにできなかった!」という声も・・・

在庫切れは仕方ないとしても、お店のレギュレーションとして周知はしてもらいたいですね。

 

スポンサーリンク

優待で使えないものを確認しよう

今までの内容であれば、「マックのメニューなら何でも交換OKな万能優待!」と思ってしまいますが、実はいくつか利用できない場面もあります。

優待が利用できないメニューは、

  • 数量限定メニュー(期間限定はOK)
  • ナゲット15ピースや夜マックのポテナゲ(量が多くてお得なサイドメニュー)
  • マックデリバリー
  • ソフトクリームなどのデザート
  • 深夜時間帯のマックシェイク(機械メンテナンスのため※店舗によって異なる)
  • マックカフェ バイ バリスタのドリンク商品(レギュラーメニューのカフェドリンクはOK)

になります。

基本的にはレギュラーまたは期間限定メニューのドリンクやサイド、バーガーから引き換え商品を選択します。

 

スポンサーリンク

優待利用でなくても覚えておきたいマクドナルドの裏技!

国民的ファーストフードの代表でもあるマクドナルドでは、優待利用者だけでなくても「少しお得に」マックを楽しめる裏技もあります。

ちょっとしたプチ情報になりますので、是非覚えて機会があれば利用してみてください!

 

ポテトを頼んだら「ケチャップお願いします」

バリューセットでも単品でもなんでもいいので、注文にポテトを頼んだらケチャップも一緒にお願いしちゃいましょう。

基本的にポテト1つにつき、1個無料でつけてくれます。

 

ちなみにポテトに関してで付言するならば、「塩抜き、塩多め、揚げたて」もお願い可能!(揚げたての場合は少し時間がかかります)

 

ナゲットを注文したらソースは2個!

マクドナルドのナゲットソースを注文した場合、バーベキューかマスタードを選択させられますが、どうせなら「両方ください」と注文しましょう。

ナゲット5ピースにつき、ソースは無料でプラス1個つけてくれます。

15ピースのナゲットの場合はレギュラーで3個つけてくれますが、要望を出せば4つまでOKですよ。

それ以上の場合は1個30円での販売になります。

マックのナゲットソースって独特でとてもおいしいですよね。家でもたくさん食べたいなら是非いくつか買ってストックしておきたいものです。

無料でソースやトッピングを増量!

マクドナルドは、人それぞれの好みによって、ソースの量やトッピングを変えてくれることは比較的有名です。

減らすことはできても増やすことはできないんじゃ・・・と思われがちですが、実は無料のトッピングは増やすことも可能!

基本的に増量、減量が可能なトッピングは、

  • ケチャップ
  • マスタード
  • ピクルス
  • オニオン

の4種類で、基本のハンバーガーに入っているものになります。

ハンバーガーは好きだけど独特の酸っぱさがあるピクルスが苦手、または大好きなんて方も多いはず。

こちらは追加料金がかかりませんので、お気軽に注文してしまって大丈夫ですよ。

 

 

まとめ:お得とカロリーは比例する

今回はマクドナルドの株主優待をお得に使う解説とプチ情報を盛りだくさんでお送りしました。

上手に駆使すれば、優待1冊(各6枚)で7,800円相当の優待引換券となり、とてもお得な内容になります。

選ぶ楽しさもある優待ですので、是非お友達やご家族とマクドナルドパーティーを楽しんでみてください!

 

また、優待がお得になればなるほどカロリーは右肩上がりになります。

栄養過多にならないように食生活にはメリハリをつけて、健康にも気を使いましょうね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママズマネー , 2019 All Rights Reserved.