ママのために発信したい育児とお金の総合マガジン

大手家電量販店の株主優待6選を徹底解説!優待を使ってお得に家電をゲットせよ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

引越しシーズンや家電買い替えシーズン・・・だけでなく、おもちゃを買ったりお酒を購入したり、何かと家電量販店にお世話になっている方も多いはず。

最新おもしろ家電を見ているだけでレジャー気分になれたり、キャンペーンなどがやっていたらちょっと覗いてしまいたくなりますね。

実は大手家電量販店のほとんどが上場企業で、株主になると株主優待がもらえてお得に買い物ができることはご存知でしたでしょうか?

今回は、大手人気家電量販店の株主優待使いやすさ・魅力・買いやすさなど様々な目線から徹底解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

人気家電量販店の株主優待一覧

まずは各家電量販店がどんな株主優待で株主還元しているか一覧にしてみましたのでご確認ください!

※優待内容は、100株購入したときの内容を記載しています※

量販店名 株主優待の内容
ビックカメラ 店舗で使えるお買い物券 年間最大5,000円分
コジマ 店舗で利用できるお買い物優待券1,000円分
ヤマダ電機 実質半額で購入できる優待券 年間最大5,500円分
ケーズ電機 店舗で利用できるお買い物券 年間1,000円分
エディオン 実質25%オフでお買い物ができる優待券 年間3,000円分
JOSHIN電機 店舗で利用できるお買い物券 年間7,200円分

ほとんどの企業が店舗でお買い物をする際にお得になるような優待を用意してくれていますね。

では次に1つ1つの企業ごとで優待をもらうまでの投資金や優待の使い方などを見てみましょう。

 

関連記事
家電量販店で値下げ交渉をするコツ!いい買い物をしたければいい客になろう!

 

スポンサーリンク

ビックカメラ

日本三大カメラの1つであり、主にターミナル駅付近に出店しているビックカメラ

関西よりも関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)に店舗数を多く構えており、赤い看板を見たことのない人はいないのではないでしょうか。

ビックカメラの株主優待は店舗で使えるお買い物券がもらえます。

安定した業績と優待の使いやすさで、株主優待ランキングには常に上位に入っているほど人気の高い銘柄です。

 

ビックカメラの投資情報

  • 現在の株価:1089円(6月末現在) 現在の株価を確認
  • 権利確定日:2月末 8月末
  • 最低投資額:110,000円程度を推移(100株取得時)
  • 配当金:1株あたり20円

優待内容:店舗で利用できる優待券

100株 2月末:2,000円分  8月末:1,000円分
500株 2月末:3,000円分  8月末:2,000円分
1,000株 2月末:5,000円分  8月末:5,000円分
10,000株 2月末:25,000円分  8月末:25,000円分

また、長期優待制度として、1年以上の株主に1,000円追加・2年以上の継続株主に2,000円が8月に追加されます。

 

優待を使う上での注意事項

権利確定日は2月末と8月末で、優待が到着する時期はだいたい5月と11月頃になります。

優待はビックカメラ全店と子会社であるコジマ、ソフマップで金券同様にお使いできますが、ビックカメラポイントは貯まりません。

また、優待券は到着月から約半年間の有効期限がありますので、期限内に使い切るようにしましょうね!

 

★ワンポイントアドバイス★

優待ではポイントが貯まらないので、利用するのであればポイント還元が低いゲームソフトやお酒、日用品などがオススメ!

 

スポンサーリンク

コジマ

2012年にビックカメラの傘下となったコジマ。ビックカメラが駅チカ店舗であれば、コジマは郊外を中心に店舗を構えるロードサイド型。

店舗数は全国に200店舗ほど構えており、特に関東圏内の売上が上昇しています。

コジマの株主優待は、店舗で利用できるお買い物券が年1回もらえます。もちろん親会社であるビックカメラでも利用できますので、近くに店舗がある人にとって嬉しい優待です。

 

コジマの投資情報

  • 現在の株価:432円(6月末現在) 現在の株価を確認
  • 権利確定日:8月末
  • 最低投資額:50,000円程度を推移(100株取得時)
  • 配当金:1株あたり10円

優待内容:店舗で使える株主優待券

100株以上 1,000円分
500株以上 3,000円分
1,000株以上 5,000円分
3,000株以上 15,000円分
5,000株以上 20,000円分

 

優待を使う上での注意事項

優待の内容はビックカメラと全く同じで、もちろんビックカメラの優待と併用することもできます。

優待到着タイミングは、8月の権利確定日に株を購入していましたら11月頃に到着予定です。

コジマの優待もビックカメラ同様ポイントが貯まらない上に優待の有効期限がありますので気をつけましょう。

 

★ワンポイントアドバイス★
ビックカメラの子会社であり上場しているBS11の株主優待は、ビックカメラグループ全店で利用できる商品券がもらえます。
BS11の優待であれば有効期限もない上にポイントも貯まりますので、是非チェックしてみてください!
<<BS11の株価情報を確認する>>

 

スポンサーリンク

ヤマダ電機

全国47都道府県すべてに店舗を出店しているヤマダ電機。

池袋や新宿に構えているような駅チカ大型店からロードサイドまで幅広い店舗展開で、売上は業界でも常にトップクラス。

最近では住宅事業やリフォーム事業にも乗り出してさらに勢いついてきましたね。

ヤマダ電機の株主優待は店舗でお買い物時に利用できる500円分の優待券。

実質半額となる優待ですが、投資金額も低く利回りがいいのでこちらも人気の高い銘柄ですよ。

 

ヤマダ電機の投資情報

  • 現在の株価:483円(6月末現在) 現在の株価を確認
  • 権利確定日:3月末 9月末
  • 最低投資額:50,000円程度を推移(100株取得時)
  • 配当金:1株あたり13円

優待内容:500円分の優待割引券(お会計時1,000円ごとに1枚利用可能)

100株以上 3月:2枚  9月:4枚
500株以上 3月:4枚  9月:6枚
1,000株以上 3月:10枚  9月:10枚
10,000株以上 3月:50枚  9月:50枚

長期保有制度:●1年以上保有で3月に+3枚 9月に+1枚
●2年以上保有で3月に+4枚

 

優待を使う上での注意事項

ヤマダ電機の株主優待は、100株取得で1年目でも3,000円分2年以上株主であれば5,500円分もの優待券がもらえます。

投資金額が50,000円ほどで購入できますので、利回りは大変よい銘柄です。

しかし注意点として、優待は1,000円のお会計時に1枚(500円分)のみの利用ということ。

実質優待を利用すると半額でお買い物ができることになります。

優待が届く日が権利確定日の約3ヶ月後になりますのでおおよそ6月と12月。

届いた優待の有効期限は半年しかありませんので、気をつけましょう。

 

ケーズデンキ

大型店から小型店まで土地のニーズに合わせて出店しており、総出店数は300店舗以上持つケーズデンキ。

家電量販店ではめずらしく、現金値引きにとことんこだわりポイント制を導入していないことがケーズの大きな特徴です。

ケーズデンキの株主優待は、店舗で金券として利用可能の優待券が年1回もらえます。

配当の利回りも量販店銘柄では比較的いい銘柄ですので、配当目的で持ってもいいかもしれませんね!

 

ケーズデンキの投資情報

  • 現在の株価:1021円(6月末現在) 現在の株価を確認
  • 権利確定日:3月末
  • 最低投資額:110,000円程度を推移(100株取得時)
  • 配当金:1株あたり30円

優待内容:店舗で利用できる優待券

100株以上 1枚(1,000円分)
500株以上 3枚(3,000円分)
1,000株以上 5枚(5,000円分)
3,000株以上 10枚(10,000円分)
5,000株以上 20枚(20,000円分)
10,000株以上 30枚(30,000円分)

優待を使う上での注意事項

年1回もらえるケーズの優待は、1回のお会計につき最大10枚(10,000円分)までしか使えません。

ですので、5,000株以上取得し、年間20枚以上の優待をもらう方はお会計を2回にわけるなど工夫が必要です。

また、お釣りはでませんので、1,000円以上のお会計時に利用するようにしましょう。

 

エディオン

西日本を主な地盤とし、九州四国地方で強い力を持っているエディオン。

北海道や北陸地方では「100満ボルト」という名称で店舗展開を行っており、全国にストアブランド1,000店舗を展開している巨大企業です。

最近ではリフォームや太陽光発電システム、オール電化などにも注力し、アフターサービスに大変評判が高いことが特徴的です。

 

エディオンの投資情報

  • 現在の株価:973円(6月末現在) 現在の株価を確認
  • 権利確定日:3月末
  • 最低投資額:100,000円程度を推移(100株取得時)
  • 配当金:1株あたり32円

優待内容:1,000円ごとに1枚(250円分)利用できる優待券

100株 12枚(3,000円分割引相当)
500株 40枚(10,000円分割引相当)
1,000株 60枚(15,000円分割引相当)
2,000株 80枚(20,000円分割引相当)
5,000株 100枚(25,000円分割引相当)
10,000株 200枚(50,000円分割引相当)

 

優待を使う上での注意事項

2019年6月の株価時点で、配当+優待の利回りは6%超え驚異の高利回り銘柄ですが、使い勝手が実質25%引きという使い方なので、人によってはお得感があまり感じられない内容かもしれません。

もし100株取得で3,000円分の割引券を全て同時に利用するとすると12,000円分の買い物が必要です。

普段からエディオンで買い物をしており、ヘビーユーザーの方であれば利回りもいいのでオススメですが、「家電なんてそんなに毎年買わないわよ」という人は少し複雑な気持ちになる優待ですね。

 

JOSHIN(上新)電機

関西に拠点を持ち、西日本では最大級の大手家電量販店である上新電機。

ゲームやアニメなどのジャンルも強く、各店舗で地域の特性に合わせた専門性高い店舗展開が特徴的です。

おもてなし心満載の関西資本なだけあって、優待もとても太っ腹!

JOSHINヘビーユーザーには大変おすすめの高利回り量販店銘柄です。

 

JOSHINの投資情報

  • 現在の株価:2122円(6月末現在) 現在の株価を確認
  • 権利確定日:3月末 9月末
  • 最低投資額:220,000円程度を推移(100株取得時)
  • 配当金:1株あたり50円

優待内容:買い物優待券(1枚あたり200円分)

100株 3月末:11枚(2,200円分)
500株 3月末:60枚(12,000円分) 2年以上保有で追加30枚(6,000円分)
2,500株 3月末:120枚(24,000円分)  2年以上保有で追加60枚(12,000円分)
5,000株 3月末:180枚(36,000円分)  2年以上保有で追加90枚(18,000円分)

1株以上の株主全員に9月末に25枚(5,000円分)一律贈呈

 

優待を使う上での注意事項

上新電機の株主優待は、お会計2,000円ごとに1枚(200円分)が利用できるシステムで、実質10%引きになります。

近くに店舗がない人でも、JOSHINのオンラインショップでも利用できるところがとても嬉しいですね。

上新電機の株主優待のすごいところは、1株だけ購入しても年間5,000円分の優待がもらえるというところ!現在の株価が2,000円前後を推移していますので、1回の優待で利回り200%以上ととんでもない数字をたたき出します。

 

★ワンポイントアドバイス★
一株だけ購入する場合は、ミニ株制度を導入している証券会社を使いましょう。SBI証券、マネックス証券、カブドットコム証券で少量の株を購入できる制度がありますので、是非利用してみてください。

 

まとめ

今回は人気の家電量販店の株主優待を6社紹介いたしました。

普段お使いの企業はありましたでしょうか?

量販店銘柄は、優待の魅力だけでなく配当金も安定していることからNISAなどの長期投資銘柄としても定評があります。

気になる銘柄がありましたら是非チェックしてみてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママズマネー , 2019 All Rights Reserved.