ママのために発信したい育児とお金の総合マガジン

働くママにとって有給休暇の義務化は嬉しい?強制的に有給になるメリットとデメリット

 
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年4月1日から始まる有給休暇の義務化

年間10日以上の有給休暇を得ている働く人全てに強制的に1年間で最低5日間は有給を取得してもらうという国の施策です。

もちろん働くママにもパート正社員関係なく有給休暇は発生しているかと思いますので、例外なく対象者となります。

今までなかなか有給休暇を消化できなかった業種の人にとっては嬉しい施策のような気もしますが、何かあった時のために有給を貯めている人にとってはどうなのでしょうか。

私自身もフルタイムで企業に勤務していたときは、最大で毎年20日有給休暇が発生していましたが、上手く使いきれるときもあれば余ってしまうときもありました。

 

今回は働くママにとっての有給休暇は嬉しいのかどうか、メリットとデメリットを筆者目線で解説したいと思います。

スポンサーリンク

有給休暇の義務化とは?

新しくできる有給休暇の義務化

働き方改革の一環で、2019年4月より有給休暇を強制的に消化する法則が発足されます。

この法律は、正社員・派遣・契約社員・パート社員全ての方が対象であり、年間10日以上の有給休暇が発生する労働者に与えられる権利となります。

万が一労働者が年5日未満の有給消化になってしまった場合、企業は30万円以下の罰金があります。

ですので、この罰金を避けるため、各企業は様々な方法で対策をとっているようです。

 

有給休暇義務化はパートでも対象者になるの?

有給休暇の義務化は正社員・パートなど関係ありません。

関係しているのは年間の勤務日数と有給休暇発生日数です。

今回の有給休暇義務化の対象者となる方々は下記のとおりです。

  • 入社後6か月が経過している正社員・フルタイムの契約社員
  • 入社後6か月が経過している週30時間以上勤務(平均週5日/6時間以上)のパート社員
  • 入社後3年半以上経過している週4日出勤のパート社員(勤務時間数は問わない)※
  • 入社後5年半以上経過している週3日出勤のパート社員(勤務時間数は問わない)※

※週の労働勤務時間が30時間を超える場合はフルタイム勤務者と同等の有給休暇が発生します※

上記のように年間10日以上ある労働者に、最低5日間は強制的に消化してくださいねという法律ですので、パートや正社員など労働形態は関係ありません。

 

企業ごとに消化方法は異なる

有給休暇の義務化を行い、社員(対象パート含む)が上手に有給消化ができなかった会社は罰金が要されるようになります。

完全なる違法という形なのですね。

会社としては無駄金を払うことは絶対に避けたいことですので、各企業様々な対策を行っています。

 

1つの例として、我が家の話で申し訳ございませんが、サービス業である主人の会社は主にシフト制ですので決められた月の休日を多くして有給を当てるようにするそうです。

例えば、1月の休みが10日間であれば11日にして1日だけ各自の有給を当てるといったものですね。

他にも、会社全体で取得日を決めてしまって全員がまとまって休日にする会社も。

このようにある程度対策を行わないと自己管理責任が問われてしまう上に、会社側も各社員をすべて管理することは大変になるので、それぞれ対策をとっているようです。

 

個人的に思うことは、まだ有給が発生していない新入社員や転職者は会社全体休む日はどうするのでしょうか。

また、実質的な休みは変わりませんが、今までなんなく有給休暇が消化できていた人にとっては、自分の意思に関係なく事実上有給休暇が減る事になるので、なかなか新法の恩恵を受けた感じはしないのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

有給休暇義務化に対するママのメリットデメリット

有給休暇がとりにくい仕事をしているママにはメリットが大きい

今までなかなか有給休がとれなかった正社員ママや、パートママにとって強制的に休む制度ができることは最大のメリットになることでしょう。

土日しか行けなかったレジャー施設に子どもと一緒に平日に満喫したり、小学生など少し大きくなったお子様をお持ちのママにとっては、平日に一人の時間が過ごせるチャンスも。

時給で働くパートママにとっても、休日は増えるのに給料が減らないことは気持ち的にも嬉しいですね。

 

子供の発熱などに合わせて有給を貯めていたママにはデメリットに

子どもが小さいうちは発熱やもらい風邪が多く、保育園からの呼び出しもしょっちゅうです。

インフルエンザなんかにかかった場合には、受け付けてくれる病児保育も少なく、両親が仕事の都合をつけることが現実的です。

このようにいつ流行り風邪になって長期間休まなくてはいけないときのために、有給休暇をあえて貯めているママも少なくないのではないでしょうか。

筆者自身も仕事をしていたときは、自分のためにとった有給はほとんどなく、看護休暇も足りなかったのでほぼ子どもの風邪や保育園の行事で消えていきました。

(たまにあったんですよね・・・親子遠足があるので予定がつけば参加してくださいのような行事が・・・)

今回の有給休暇義務化で、実質個人が自由に取れる有給は年5日間無くなってしまう可能性が高いので、子育てのために有給を使っていたママにとっては最大のデメリットになることでしょう。

企業によっては、個人の有給希望日数を指定日から控除する方法などもあるようですので、所属している会社にあらかじめ確認しておきたいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

働き方改革のよって、今までとの価値観が覆るような法律がどんどん決められていきます。

国が決めたことですし、私たちは対応していく必要がありますが、ライフスタイルなども変えていかなければなりませんね。

有給休暇の義務化によって、今までなかなかお休みできなかったママも年間の休日が少し増えることになりますので是非とも有意義に使ってほしいものです。

いつもは子どものためだけに有給を消化していたママも、今回の義務化でリフレッシュできるような使い方ができればいいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママズマネー , 2019 All Rights Reserved.